极速快3开奖历史记录

 防災科研 NIED

EN | JP

印刷

研究のご紹介

研究體制

基盤的研究開発センター

  • 地震津波火山ネットワークセンター

    高感度地震観測網、広帯域地震観測網、強震観測網、火山観測網、海底地震津波観測網の整備?運用および技術開発を行っています。

  • 総合防災情報センター

    防災科學技術に関する情報および資料の収集、整理、保管および提供と、その利活用技術の開発を行っています。

  • 先端的研究施設利活用センター

    防災分野における科學技術イノベーションのために、さまざまな自然條件を再現できる大型実験施設のニーズに合わせた整備と活用、その成果の普及に向けたオープンサイエンスの推進をめざします。

  • 気象災害軽減イノベーションセンター

    産學官の人材、情報、そして技術を糾合し、気象災害予測情報のシステム化や、防災に関わる計測技術の性能評価?標準化等を通じて、研究成果の社會実裝をめざした研究開発を推進します。

  • 火山研究推進センター

    火山の観測から活動推移や災害発生を予測するとともに、火山災害対策に役立つ技術の社會への提供をめざし、一元的な研究開発を行っています。

  • 首都圏レジリエンス研究センター

    首都直下地震などの災害に備え、オールジャパンによる研究推進體制を構築し、官民一體の総合的な事業継続や災害対応、個人の防災行動等に資するデータの収集?整備をめざします。

  • 國家レジリエンス研究推進センター

    関係機関や関係府省と連攜して、SIP第2期「國家レジリエンス(防災?減災)の強化」を著実に推進し、衛星?AI?ビッグデータ等を活用した新技術の研究開発とその成果の政府や市町村への実裝を通じて、災害時のSociety5.0の実現をめざします。

基礎研究部門

  • 地震津波防災研究部門

    地震津波予測技術を戦略的に高度化する研究を行っています。

  • 火山防災研究部門

    多角的火山活動評価に関する研究を行っています。

  • 地震減災実験研究部門

    実大三次元震動破壊実験施設などの研究基盤を活用した地震減災研究を行っています。

  • 水?土砂防災研究部門

    マルチセンシングに基づく水災害予測技術に関する研究を行っています。

  • 雪氷防災研究部門

    多様化する雪氷災害の危険度の把握と、面的予測の融合研究を行っています。

  • マルチハザードリスク評価研究部門

    地震や津波をはじめとする各種自然災害に対するハザード?リスク評価に基づく災害対策を可能とする社會の実現に貢獻します。

  • 防災情報研究部門

    社會を構成する多様な組織?機関が、各種災害情報を共有し、それを利活用することで、社會全體で連攜?協働し、予防力?対応力?回復力を向上する対策手法?技術の研究開発を進めます。

  • 災害過程研究部門

    社會現象としての災害過程の究明と、効果的な災害対応の実現に向けて研究開発を行っています。

主な研究成果等

このページのTOPへ

pagetop
极速快3开奖历史记录 pk10八码滚雪球计划图 龙虎和时时彩骗局 二八杠技巧口诀论坛 m5彩票平台官网 手机约彩365是真的吗 麻将规则怎么算胡 包平特一肖必赚方法 88必发官方唯一网 赌龙虎最好的方法 万人炸金花下载2014